産経抄

世界のためにやりましょう 12月29日

 ▼中国の空母の西太平洋進出について昨日のコラムで、トランプ新政権への牽制(けんせい)が目的、と書いた。むしろ、日米両国が確認した同盟の揺るぎなさに対する、いら立ちの表れかもしれない。中国外務省の報道官は、首相の真珠湾訪問を「パフォーマンス」と切り捨てた。

 ▼それに呼応するように、日本の市民団体も批判の声を上げる。「今さら米国との和解を演出しても、アジア侵略の事実は消せない」。日本の謝罪を奇貨として、さらなる歴史戦を仕掛けてくる国と、どのような和解が可能だというのか。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第11週で柏木学生(目黒蓮)が舞(福原遥)をハグ! 刈谷先輩(高杉真宙)も再登場か?

  3. 現役ドラフト12球団の移籍選手一覧

  4. 「殺害」も示唆 プーチン大統領の盟友が公然批判 要衝ヘルソン撤退でタブーだった批判が噴出 国内の権力闘争が激化する可能性も

  5. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目