甘口辛口

JRAに強力ライバル?日本馬出走しない海外競馬の馬券がカジノで発売可能となっても不思議ない

■12月9日

 今年の凱旋門賞から国内で馬券が買えるようになった海外競馬。11日には4レースの馬券を発売する香港国際競走が行われる。日本から13頭が参戦予定だけに、競馬ファンはサンケイスポーツや僚誌・週刊ギャロップを参考に馬券の検討に励んでいることだろう。

 当日は、阪神ジュベナイルフィリーズと合わせて5つのGIの馬券を買える。JRA(日本中央競馬会)が、同日に複数のGIを実施したのは2004年のジャパンカップとジャパンカップダートのみ。単独開催より売り上げが見込めないので、ファンの要望が多くても避けてきた。

 それが、海外競馬という人のふんどしで相撲を取ることで実現。喜んでいいのか微妙だが、開催中の中央競馬とほぼ同じ時間帯に行われるので、競馬場は大いに盛り上がるはずだ。

 そんな折、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法案が6日、衆院で可決された。同法施行後、政府は1年以内をめどに具体策を定めた実施法案を制定する。カジノが解禁されたら、海外馬券の発売はJRAの独占というわけにはいかなくなるかもしれない。米国では、カジノで馬券を発売している例があるからだ。

 国内で馬券を発売できる海外レースは、日本の馬が出走しているGIに限定されている。農水省が所管のJRAが競馬を主催できるのは畜産振興が目的ゆえ、日本馬が出ていないと発売できない-というわけだろう。

 所管省庁が決まっていないカジノだが、農水省はありえない。となれば、畜産振興と無関係の、日本馬が出走していない海外競馬に限りカジノでの馬券発売が可能となっても不思議はない。JRAに強力なライバルが出現するか? 動向を見守りたい。(鈴木学)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害