皮肉…任天堂の旧型機が人気 復刻ファミコン品薄、消えゆくWiiU高値

任天堂の主なゲーム機やアプリ
任天堂の主なゲーム機やアプリ

 任天堂がかつての人気ゲーム機を復刻し、11月に発売した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が初回出荷分を即完売し、次の出荷待ちの状態。販売不振で生産終了を決めた主力の据え置き型ゲーム機「Wii(ウィー)U」もネット市場で高値取引されるなど、盛り上がりをみせている。来年3月に発売を控える新型機「ニンテンドースイッチ」の紹介映像が株式市場などから失望とも取れる受け止め方をされ、先行きが懸念されるのとは対照的に皮肉な事態だ。(大島直之)

 「ニンテンドースイッチ」は据え置き型と携帯型を一体化したゲーム機であること以外明らかにされておらず、スイッチの紹介映像の配信から一夜明けた10月21日の東京株式市場で任天堂の株価は朝から急落し、終値は前日比1765円(6・5%)安の2万5185円となった。現時点では「サプライズはなかった」と受け止めたゲームファンや投資家が多かったとみられる。

 その一方、現在の任天堂の話題を盛り上げているのはかつての人気機種の「復刻版」と、「販売不振」で生産を終える機種だ。

 クラシックミニは、昭和58年に発売して大ヒットした家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」ブームを知る世代に懐かしさが受け入れられ、即完売のヒット商品となった。クラシックミニを発売初日に購入した大阪府高槻市の会社員、大木祐二さん(44)は普段ゲームで遊ばないというが、「懐かしくなり、すぐに購入を決めた。小・中学生のころを思い出して遊びたい」という。

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. ヒカキンの20年後の姿に「登録者10億人w」「髪の毛がぁ…」とネット爆笑 「バトルフィールド 2042」トレーラー映像に登場

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判