甘口辛口

巨人主力選手の減俸の嵐は即席チームづくりからの脱皮を目指すシグナルでは…

■11月26日

 すさまじい減俸の嵐だ。2年連続V逸の巨人が主力選手を次々と大減俸している。阿部は20%ダウンの年俸2億6000万円、内海は減額制限を超える50%ダウンの年俸2億円、大竹が3000万円、片岡も2600万円、亀井は2000万円ダウンと容赦ない。阿部などは2014年の年俸6億円から3億4000万円も減った。

 主力選手のアップは1億円増の年俸3億5000万円でサインした坂本だけ。今後の更改でアップしそうなのは10勝を挙げた田口とエースの菅野ぐらいだ。今年度の12球団年俸総額(外国人選手、育成選手を除く)で、巨人は約45億4000万円。1位のソフトバンクに続く2位だったが、1位奪還は難しい。

 プロ野球は超実力主義といわれる。過去に輝かしい実績があってもシーズンで結果が出なければ容赦なく査定される。リーグ優勝が毎年、義務付けられる巨人となれば、V逸という成績も加味されての金額になる。年俸が上がるときもすごいが、下がるときもすごい。主力選手たちは巨人というチームの置かれる立場を改めて思い知ったはずだ。

 球団としても2年連続の年俸総額の減少をどう捉えるか。今後のチームづくりの岐路に立たされているのではないか。他球団からFAで大物選手を獲得し、上げ底の年俸総額を取り戻すのか。それとも若手選手の育成を軸に、自前の選手が年俸アップを勝ち取るような将来像を示すのか。オフの動きを見る限り、選択しているのは前者。

 毎年、優勝を目指さなければならない人気球団とはいえ、そろそろ即席のチームづくりから脱皮を目指してもいいのでは…。減俸の嵐はそのシグナルではないだろうか。 (植村徹也)

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月18日OA第94話あらすじ 自分の店を諦めようとする暢子(黒島結菜)に、良子(川口春奈)らがある提案を…

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 島田陽子さん逝く…大腸がん闘病3年69歳 ヘアヌードに不倫…清純派から壮絶人生

  4. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  5. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー