震度5弱・津波

「また、あのときのようにならないかと…」原発近い福島・広野町 5年前の記憶よみがえる

 東京電力福島第1、第2原発から近い福島県広野町でも、町民らの脳裏に5年前の恐怖がよみがえった。

 「布団の中で体が揺すぶられている感じだった」。広野町の主婦、遠藤政子さん(80)は地震がきたときの様子を振り返る。揺れは東日本大震災と比べると小さかったが、「すぐにあのときのことを思い出した」と顔をこわばらせた。

 その後に起きた原発事故で県内5カ所を転々とし、町に戻ったのは2年後。

 「またあのときのようなことにならないかと不安だった。被害が大きくならずにほっとしました」

 福島第2原発で冷却機能が一時停止したというニュースを聞き、町内の農産物直売所の組合長を務める塩史子さん(71)は「原発事故発生直後のような状況になるのでは」と不安に襲われた。

 広野町から第2原発まではわずか2キロほど。幸い短時間で復旧したが、「(原発事故による)風評被害がようやく落ち着いてきたところなのに、また全町避難しなければならないのかと恐ろしかった。もう2度とあんな思いはしたくない」と語気を強めた。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月8日OA第49話あらすじ ソロフライト訓練の着陸で舞(福原遥)はまたもセンターラインを外し…

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月7日OA第48話あらすじ 予習に姿を現さなかった柏木(目黒蓮)の部屋を訪ねた舞(福原遥)は…

  5. 「殺害」も示唆 プーチン大統領の盟友が公然批判 要衝ヘルソン撤退でタブーだった批判が噴出 国内の権力闘争が激化する可能性も