「戦前は合法だったのに…」ホリエモン、高樹容疑者逮捕に持論もネットでは賛否

堀江貴文氏
堀江貴文氏

 ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(43)が25日、自身のツイッターを更新。元女優、高樹沙耶容疑者(53)が同日、厚労省関東信越厚生局麻薬取締部に大麻取締法違反の現行犯で逮捕されたことについて、高樹容疑者の擁護とも受け取れる意見をツイート。堀江氏の発言に、ユーザーたちから賛否の声が寄せられている。

 堀江氏は自身のツイッターで高樹容疑者逮捕のニュースを取り上げ、「日本って法律に書いてある事破ると倫理的に悪いことしてるみたいに思われるよね。戦前は合法だったのに…」と持論を展開した。

 これを受け、ユーザーたちからは賛否の声が寄せられたが、「倫理的に悪いから戦後に違法になったのでは?」「法を破る行為自体が倫理に反しています」「倫理観も時代によって異なるので、戦前は合法というのも説得力に欠ける気がします」などと、堀江氏の持論に否定的な意見がやや目立つ結果に。「せめて末期がんに対する医療大麻は合法化してほしいですね」という高樹容疑者と同様の訴えもあったが、中には「自己弁護に聞こえます」という厳しい意見も見られた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」