衝撃事件の核心

「ノーブラで山本涼介君と追いかけっこしたの」…逮捕のスプレー女がまき散らした虚言、妄言の強烈な異臭

「ノーブラで追いかけっこした」。西武新宿線高田馬場駅の異臭事件は、逮捕された女がインターネット上で異様な発言を繰り返していたことが明らかとなった。あらゆる人物に敵意をまき散らし、AKB48ら芸能人を「ブス」と切り捨てる一方、俳優と交際しているかのような妄想も展開。捜査関係者は渦巻く罵詈(ばり)雑言と無差別的な犯行の因果関係を探っている。

テロか!? 高田馬場駅の構内騒然、9人搬送

「テロ」の二文字が乗客や捜査関係者の頭をかすめたに違いない。9月28日午後5時45分ごろ、帰宅ラッシュでごった返す西武新宿線高田馬場駅ホームで、電車待ちの人たちがせき込む声が響き渡った。

「ホームで刺激臭がしてせきが止まらず、目が痛い」。駅の事務室に駆け込んだ乗客は駅員に訴えた。驚いた駅員がホームに行くと、約20人ほどの男女が同様の症状を訴えていた。

駅から通報を受け、パトカーや消防車が次々に駆けつけた。テロの初動捜査などに当たる警視庁公安機動捜査隊や、防護服を身につけた消防の救助隊も到着し、現場は騒然とした空気に包まれた。駅前交番の周辺にはビニールシートが張られ、次々と症状を訴える被害者が運び込まれた。

交番付近で友人と待ち合わせ中に騒動を目撃した男子大学生(21)は「ぐったりした女の人が運び込まれていた。消防の人も普通とは違う服で救助していたし、『のどの痛み』と叫んでいる声が聞こえたので、テロがあったのかと思って怖かった」と当時を振り返る。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  2. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  3. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病