【経済インサイド】家事代行で低価格の新業態続々 人材不足解消へIT活用(2/5ページ) - イザ!

メインコンテンツ

経済インサイド

家事代行で低価格の新業態続々 人材不足解消へIT活用

 現在「タスカジさん」には約300人が登録。半数は外国人で英語教育にも人気だ。利用件数は前月比2桁増を続けている。1時間あたり1500~2600円の利用料のうち20%が同社への手数料だ。

 「安く頼める個人のハウスキーパーを必死にネットで探した経験から、マッチングの場があれば見つけやすいし安心と考えた」と和田幸子社長はいう。タスカジのサービスは、モノや不動産、人手などの貸し出しをインターネットで仲介する「シェアリングエコノミー」型だ。

                 ◇

 個人と個人を仲介する「家事のシェアリングサービス」としては、13年に開業のエニタイムズ(東京都港区)も利用者が約2万人に達し成長中。ペットの世話や付き添いなど家事の範囲も広がりを見せている。

  1. 観光客激減の京都に高級ホテルが続々オープン!勝算は? アフターコロナを見据えた開発競争
  2. 実は3種類ある「プリンスホテル」 売り上げ1位なのに、実態がよく知られていないワケ
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 最新、衆院選「議席予測」 自公273「絶対安定多数」確保へ 立民128、共産17と共闘路線で一定の伸び “短期決戦”自力が勝敗の分かれ目に
  5. 青天を衝け、栄一の“浮気”令和3年的にはNG?「許せん」「この時代なら…」