外国人忍者に聞く

コードネーム・天(そら) クリス・オニール氏29歳はなぜ忍者の道を選んだのか? 「最高にクールでしょ?」

【外国人忍者に聞く】コードネーム・天(そら) クリス・オニール氏29歳はなぜ忍者の道を選んだのか? 「最高にクールでしょ?」
【外国人忍者に聞く】コードネーム・天(そら) クリス・オニール氏29歳はなぜ忍者の道を選んだのか? 「最高にクールでしょ?」
その他の写真を見る (1/8枚)

 世界でも極めて珍しい、外国人の忍者が愛知県にいる。「天(そら)」こと、米国人のクリス・オニールさん(29)だ。クリスさんは今春、愛知県の観光をPRする「徳川家康と服部半蔵忍者隊」のメンバーに加入。愛知県が運営を委託する広告会社に仕え、禄を食むプロ忍者でもある(月給18万円)。なぜ、クリスさんは忍者への道を歩むことになったのか。「ワオ! 取材! ありがとうござりまする!」と、極めてテンションの高いクリスさん本人に話を聞いた。(本間英士)

 《1986年、米国に生まれたクリスさん。親の仕事の関係でフランスや英国、香港など世界各国に移り住む子供時代を送る。多様な文化に触れる中でクリスさんの心をもっとも捉えたのは、当時どの国でも放送されていたという、あるアニメだった》

 初めて忍者を知ったのは、3歳くらいかな。テレビで「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」を見て衝撃を受けました。「ワオ! ニンジャ! かっこいい!」って思ったよ。

 でも、8歳くらいの時に気づきました。(アニメに登場する)「夢の忍者」と、「本当の忍者」は全然違うって…。夢の忍者はスーパーヒーローみたいで格好良いけれど、本当の忍者は頭が良く、ストラテジー(戦略)にたけ、スパイのようなこともするためにたくさん鍛錬する。僕はこのスタイルの忍者になりたいと思い、武道を始めました。

 極真空手、合気道、カンフー…。武道は厳しいですが、僕は強くなりたかった。毎日練習しました。武道を通じて、「強さ」だけじゃなく、「優しさ」を学ぶことができました。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…