全米テニス

錦織圭が4強 逆転でA・マリーを破る

  【ニューヨーク=上塚真由】テニスの全米オープン第10日は7日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス準々決勝で第6シードの錦織圭(26)=日清食品=は第2シードのアンディ・マリー(英国)に1-6、6-4、4-6、6-1、7-5で勝ち、準優勝した2014年以来のベスト4進出を果たした。

 準決勝は9日(日本時間10日)に行われ、第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)とフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)の勝者と対戦する。

 錦織はA・マリーに対し、リオデジャネイロ五輪準決勝でストレート負けするなど4連敗中だったが、この日は最後まで攻め続け、第4セットから2セットを連取して逆転勝ちした。通算2勝7敗となった。

 女子は第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)が第5シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)に6-2、4-6、6-3で勝ち、6年連続でベスト4入り。第10シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)はアナ・コニュ(クロアチア)を6-2、6-2で破り、4強入りした。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性