東京株午前終値は83円高 円100円台半ばから後半で上げ材料に

 17日の東京株式市場は反発している。日経平均株価の午前終値は、前日比83円38銭高の1万6679円89銭。多くの時間帯で100円前後の上げ幅で推移し、堅調な取引が続いた。前日夜に対ドル円相場が6月24日以来となる99円半ばまで円高ドル安となる場面があったが、その後遺症はなかった。

 前々日と前日の2日間で323円の値下がりとなったため、割安感が出た銘柄が買われた。

 午前の円相場は寄り付き時の100円付近からじりじりと円安となり、一時は100円60銭台まで下落した。これが株価の上げ材料となり、日経平均株価の午前の高値は126円高をつけた。円相場は午前11時半ごろは100円台半ばで値動きした。

 東証株価指数(TOPIX)の午前終値は、前日比5.34ポイント高の1303.81。東証1部銘柄の騰落は36%の713の値上がりに対し、過半数である56%の1114が値下がりしている。1部の売買代金は9098億円と連休モードの薄商いが続いている。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」