セブン&アイ・ホールディングス 鈴木敏文名誉顧問一問一答(上)「みんなが反対してきたことに挑戦し、成功させた」「一応引退したので、現経営陣にあれこれは言わない」

セブン&アイホールディングスの鈴木敏文名誉顧問=5日、東京都千代田区(寺河内美奈撮影)
セブン&アイホールディングスの鈴木敏文名誉顧問=5日、東京都千代田区(寺河内美奈撮影)

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文名誉顧問(83)が5日、産経新聞のインタビューに応じ、「新しいことに挑戦し続ければ、人口が減っても行き詰まらない」などと語り、コンビニエンスストアは今後も成長すると強調した。また、24年間率いてきたグループトップからの退任については、「後継者は常に考えていた。辞めろといわれたわけではないが、今回はいい機会だった」と語った。

 詳報は以下の通り。

 --人口が減少するなか今後のコンビニ業界は

 「30坪か40坪の店で毎年売り上げを上げていくということは、常に新しいことに挑戦し続けないといけない。百貨店や総合スーパーの業績が良くないのは従来の引き延ばしでやっているからだ。一方で、コンビニが調子がいいのは新しいことに挑戦し続けているからだ」

 「ただ、コンビニが全部同じかというと、セブン-イレブンと他のチェーンの間には一日の店舗売上高で十数万円の差がある。今のままのお店でいいとは誰も思っていない。人口が減るから、コンビニは行き詰まるというのはおかしい。世の中の変化に対応すればいいわけで、10年後のコンビニは今とはまるで違うものになっている。無理なことをやるのがわれわれの仕事だ。常識で考えられるものは私にいわせてもらえば仕事とはいえない」

  1. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  2. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月1日OA第44話あらすじ 柏木(目黒蓮)が父親の話を始め…

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」