セブン&アイ・ホールディングス 鈴木敏文名誉顧問一問一答(上)「みんなが反対してきたことに挑戦し、成功させた」「一応引退したので、現経営陣にあれこれは言わない」

セブン&アイホールディングスの鈴木敏文名誉顧問=5日、東京都千代田区(寺河内美奈撮影)
セブン&アイホールディングスの鈴木敏文名誉顧問=5日、東京都千代田区(寺河内美奈撮影)

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文名誉顧問(83)が5日、産経新聞のインタビューに応じ、「新しいことに挑戦し続ければ、人口が減っても行き詰まらない」などと語り、コンビニエンスストアは今後も成長すると強調した。また、24年間率いてきたグループトップからの退任については、「後継者は常に考えていた。辞めろといわれたわけではないが、今回はいい機会だった」と語った。

 詳報は以下の通り。

 --人口が減少するなか今後のコンビニ業界は

 「30坪か40坪の店で毎年売り上げを上げていくということは、常に新しいことに挑戦し続けないといけない。百貨店や総合スーパーの業績が良くないのは従来の引き延ばしでやっているからだ。一方で、コンビニが調子がいいのは新しいことに挑戦し続けているからだ」

 「ただ、コンビニが全部同じかというと、セブン-イレブンと他のチェーンの間には一日の店舗売上高で十数万円の差がある。今のままのお店でいいとは誰も思っていない。人口が減るから、コンビニは行き詰まるというのはおかしい。世の中の変化に対応すればいいわけで、10年後のコンビニは今とはまるで違うものになっている。無理なことをやるのがわれわれの仕事だ。常識で考えられるものは私にいわせてもらえば仕事とはいえない」

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月26日第60話あらすじ ジョーと京都で暮らすことを決意したるい、ベリーのもとを訪ねると…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 松本人志、濃厚接触者に 無症状で陰性も10日間の自宅待機 「ワイドナショー」でも「おかしい」と意見

  5. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…