東京株反落、序盤は一時100円超安 米の再利上げ見送りで円上昇

 28日の東京株式市場は反落で始まった。日経平均株価の寄り付きは、前日比68円67銭安の1万6596円15銭。さらに下げ幅を拡大、序盤は一時100円超安となった。

 東証株価指数(TOPIX)の始値は、前日比7.91ポイント安の1313.76。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が27日の連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利上げの見送りを決めたことで、対ドル円相場が円高ドル安へと振れた。未明の海外取引では105円台後半だったが、午前9時近くには104円台後半へと上昇。投資家の嫌気を誘っている。

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?