東京株反落、午前終値は120円安 任天堂13%安の急反落、関連株も急落相次ぐ

 20日の東京株式市場は大幅反落している。日経平均株価の午前終値は、前日比120円41銭安の1万6602円90銭。

 前日まで6営業日続けて大幅値上がりが続いた反動で、利益確定売りが膨らみ、値を下げた。安値は169円安の1万6554円。

 前日までの値上がりの原動力となった任天堂株が10%以上の大幅反落。午前終値は13%下げて4120円安の2万7650円となり、東証1部の値下がり率トップとなった。2位はタカラトミー。任天堂株とともに急騰していた関連株も大幅反落が相次いだ。

 東証株価指数(TOPIX)の午前終値は、前日比8.39ポイント安の1323。東証1部銘柄の騰落は、28%の558が値上がり、65%の1284が値下がりした。

  1. 通信障害で「KDDI」「au」のほか「docomo」もトレンド入り

  2. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)の失恋に安堵の声「だまされるよりいい」「少し疑う気持ちも持って」

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

  4. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で

  5. KDDI、通信障害の原因は設備故障