東京株序盤は反落 利益確定売りで一時100円超安 円106円前半

 20日の東京株式市場は反落で始まった。日経平均株価の寄り付きは、前日比76円39銭安の1万6646円92銭。序盤の下げ幅は一時100円を超えた。

 前日まで6営業日続伸し、この間に1616円もの値上がりになったため、この反動で利益確定売りから取引が始まった。

 欧米株式市場の動きはまちまちで影響は小さかった。対ドル円相場は106円台前半が続いている。

 東証株価指数(TOPIX)の始値は、前日比5.47ポイント安の1325.92。

  1. スタバ「メロンフラペチーノ」が販売開始!ネットの評判は…?

  2. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」