「ながらスマホ」やめて〜!スマホ線路落下での電車遅れが2割超

 JR東日本の電車の遅れにつながった線路への落とし物のうち、2割超がスマートフォンなどの携帯電話だったことが18日までに分かった。歩きながら操作する「ながらスマホ」に関する事故や苦情も相次いでおり、JR東は20日からのキャンペーンで、乗降時のスマホ操作をやめるよう呼び掛ける。

 同社は首都圏の1都6県の駅で調査。今年4月に落とし物のため運行が1分以上遅れた120件のうち携帯電話が原因だったのが23件、5月は109件のうち31件で、この2カ月で全体の23%に当たる計54件が携帯電話だった。他は傘や帽子、靴などだった。

 乗降時やホームを歩いている際に落とすケースが多い。落とし物は駅員が専用の器具を使って拾い上げるが、後続の電車が迫っている場合は運行をいったん止めざるを得ず、遅れにつながる。

 同社管轄ではないが、5月に東京都品川区のりんかい線天王洲アイル駅でスマホの画面を見ながら歩いていた20代の女子大生がホームから転落し、走行中の電車にはねられ死亡する事故も発生している。

 同社には、スマホを扱いながら乗降する人に関して「前を見ていないため、ぶつかった」「急に立ち止まって危険」などの苦情も寄せられている。キャンペーンでは駅のポスターや放送、車内画面でやめるよう訴える。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月11日OA第89話あらすじ ついに暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴開催!ゲストが一堂に会し…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「#伊藤の浮気にイワクラ涙」トレンド入り きっかけに「また誤解を生むキーワードを…w」「第2の山添」とネット爆笑