ビッくらぼんの365日・芸人日記(34)

東MAXの弟がメンバーで、東MAX経営の店「浅草MJ」が取り持った11歳差コンビ、タノシーゼ!

日常に笑いを届けるゼ!と意気込むタノシーゼ!の左から東朋宏、江口卓也=東京・大手町
日常に笑いを届けるゼ!と意気込むタノシーゼ!の左から東朋宏、江口卓也=東京・大手町

 タノシーゼ! (太田プロ所属) ★結成・2014年 ★ツッコミ担当・江口卓也(29)  ★ボケ担当・東朋宏(40)

 週末がお休みのくらぼん先輩に代わって、きょうは、くのいちが担当します。今回は「『ライフエンジョイナー』の新しい肩書を作る!!」と、日常生活に笑いを届ける「タノシーゼ!」を紹介します。

 --コンビ結成のきっかけは

 東「アルバイト先が一緒でした。兄貴(東貴博、46)がオーナーをやっている『浅草MJ』というもんじゃのお店で、(開店してから)6年経っているんで…」

 江口「出会って5年、コンビを組んで2年半ですね」

 東「2015年の」

 江口「1月でしたね」

 --もともと違うコンビを組んでいた

 東「はい。今回のコンビ結成は6回目くらい」

 江口「ぼくは4回目ですね」

 --どちらが声を掛けた

 東「僕です。彼は、すごいお客さんのおばさんウケがいいんです。すぐ仲良くなるんです。これはおばさんのファンがつく、と思って声を掛けました」

 江口「僕、おじさんに、すごい怒られるんですよ。生意気に見えるみたいで、おじさんには嫌われています(笑)」

 --東さんの誘いに江口さんは即答で快諾した

 江口「はい。芸歴も年齢も違うのに、ずっと(当時組んでいた)コンビのことや、ネタのことで相談に乗ってもらっていたんです。お人よしなんで、何でも相談にのってくれて」

 東「時間があるんで」

 --年齢が11歳下の人から「お人よし」って言われる関係ってすごい!!

 東「ほんと、なめられているんです(笑)」

 江口「怒らないんですよ」

 東「親父(昭和を代表するコメディアン、故東八郎さん)の影響ですね。テレビでしか見ていませんが、昔は先輩から怒鳴り散らされたり、灰皿を投げられたりしていたようで…。(萩本)欽ちゃんが親父の後輩で入ったとき、『東さんは一切、乱暴なことをしなかった』と。後輩に何でもしていいっていうのは、先輩じゃないっていうのがあったんでしょうね。そういうのを見聞きしていると、自分もそうならないと、と思いますね」

 --親父の背中を見ていた

 東「はい」

 --江口さんがお笑いの世界に入ったきっかけは

 江口「生まれが九州で、悪いことをするたびに親から『吉本に連れていく』って言われていました。ある日、どういうことか聞いたら、『寛平ちゃんみたいに、かい~のって人前でやるんだ』って。それが仕事になるんだって思って、芸人になることを決めました」

 --コンビ名の由来は

 東「その中にはお笑いも入っています。楽しいことを、とにかくやりたい。目指しているのは芸人ではなくて『ライフエンジョイナー』って肩書を作りたいんです」

 江口「新しいジャンルを」

 東「その中にはお笑いも入っています。子供を2人、幼稚園に連れて行ったときに、仕事で疲れているのか、暗いお父さんがいると悲しくなる。一生懸命働いているんだろうけど、子供の前でそんなに暗い顔をすんなよって思うんです。自分たちができる楽しいことをやっていきたい」

 --江口さんは2013年に1年間、毎日、亀田製菓のハッピーターンを配っていた

 江口「そうなんです。自分から亀田製菓さんに電話をして相談したら、(商品を)送ってくださって。1日1人に配りました。広報の方に『よく続きましたね』って言われました。100日も達成できないと思っていたみたい。平均3時間、粘った日は6時間くらい配っていました。台風の日は苦労しました。誰でもいいってわけではなくて、きょうが女性なら明日は男性って考えたりしていましたから」

 東「でも、女性の比率が多かったよね~。ナンパも少しはあるんじゃない」

 江口「いや、それは…」

 東「『ハッピーターン』にかこつけて、こういう企画やってるんですって言ってたんでしょ」

 江口「すげぇ、入りやすかったんですけどね」

 --このお笑い芸人企画も365日連載を掲げています。365日、ハッピーターンを配って得た財産は

 東「たまには撮りためと同じようにしたらって言ったんだけど、それは嫌だって言うんですよ。変なところで九州男児が出てきちゃって」

 江口「そこは曲げなかったですね。また、やりたいんですよ。最終的に僕が幸せになればって思ってやっていたんです」

 江口・東「幸せがターンしてくればってね」

 江口「結末を結婚とか、本当のハッピーで終わらせようと思っていましたが、うまくいかず…。まぁ、皆さんと出会えたってことが財産です」

 26日に東京・西新宿のハーモニックホールで開かれる「太田プロJr・ライブ」で所属事務所の同僚と笑いを競い合う。

 東は8月5~7日に品川区のスクエア荏原内ひらつかホールで開催する兄、貴博がプロデュースする「海の家の物語」にピン芸人のはなわ、お笑いコンビのハマカーンらと出演。2部構成の舞台で、1部が芝居、2部でバラエティーショーを上演する。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病