田母神陣営の元会計責任者、起訴内容認める 公選法違反事件

 平成26年2月の東京都知事選で運動員に報酬を支払ったとして、公職選挙法違反(運動員買収)罪に問われた元航空幕僚長、田母神(たもがみ)俊雄被告(67)陣営の当時の会計責任者、鈴木新(あらた)被告(57)の初公判が7日、東京地裁(家令和典裁判長)で開かれた。鈴木被告は「間違いない」とし、起訴内容を大筋で認めた。

 共謀したとして同罪で起訴された田母神被告の初公判は27日に開かれる。

 検察側の冒頭陳述によると、鈴木被告は田母神被告らと共謀し、26年3月中旬、選挙運動の報酬として当時の選対事務局長、島本順光(のぶてる)被告(69)=同罪で起訴=に現金200万円を提供。さらに田母神、島本両被告と共謀するなどし、3月~5月、投票を呼びかける活動を行った運動員ら7人に対し、報酬として計345万円を渡したなどとされる。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」