北海道男児不明

「悪いしつけの見本」「お父さんを責める気にならない」…父親の「置き去り」に有名人ら、ツイッターで議論沸騰

 北海道七飯(ななえ)町の林道で、両親に置き去りにされた小学2年の田野岡大和君(7)が行方不明になり6日目となった2日、北海道警や消防、さらには陸上自衛隊まで投入しての必死の捜索にもかかわらず、大和君の発見には至っていない。

 ツイッターでは父親が大和君の投石などをとがめ、林道に置き去りにした行動について、有名人の間でも議論が沸騰している。

 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹さん(69)は「悪いしつけの見本です。虐待とは『子供のためといいながら、親の気持ちを満足させるため』子供が納得していないのに、恐怖や痛みを与え、従わせるのは悪いしつけ。良いしつけとは、なぜいけないのか、どうしてあいさつが大切なのか…。意味や理由を分からせながら教えていくことです」と定義した上で、父親の行動を「悪いしつけ」として批判した。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 「息切れ倒産」続発、危ない300社 長引くコロナ、円安、コンプラ関連も…「国税局がマーク」「社長の不動産投資失敗」実態が明らかに

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」大河内教官(吉川晃司)を擁護する声続出「フェイルさせて平気なわけじゃないのが背中でわかる」