ダム転落5人死亡

みんな家族同然だった…肩落とす社長

ダム湖に乗用車が転落。突き破られたままのフェンス=30日午前、大阪府河内長野市
ダム湖に乗用車が転落。突き破られたままのフェンス=30日午前、大阪府河内長野市

 「真面目で律義な作業員だった」。大阪府河内長野市で29日午後、ワゴン車が転落して5人が死亡、1人が重体となった事故。いずれも大阪市天王寺区の建設会社に勤務し、現場で汗を流していた従業員だった。事故から一夜明けた30日午前、男性社長(49)は会社前で報道陣の取材に応じ、「みんな仲が良く、家族同然だった」と肩を落とした。

 死亡した5人のうち、中野照夫さん(51)と山内一人さん(64)の身元は29日に判明。残る3人も30日、崗崎守彦さん(51)と牛田雅彦さん(62)、川西宗陽さん(57)と分かった。

 中野さんは勤務して1~2年しかたっていないが、社長は「とても礼儀正しかった。一緒に暮らす母親の面倒を見る家族思いの人だった」。山内さんは物静かなタイプで、「文句を一切言わず、黙々と仕事をこなしていた」と振り返る。

 川西さんら3人も、いずれも5~15年ほど勤務しており、現場で作業の指揮をとったり、若手の面倒をよく見ていたという。

 重体となっている東川健義さん(26)は、足場を組むとび職人として2年ほど勤務。元気で明るい性格で、「職人として早く一人前になりたい、腕を磨きたいという思いを持っていた。仕事への向上心が人一倍強かった」と打ち明ける。

 転落したワゴン車は東川さんが運転していたとみられるが、事故前日は夕方まで普段と変わらず勤務していたという。

  1. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  2. NHK「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、矢沢永吉の名曲熱唱に朝ドラファン興奮「アテ書き」「ニーニーの時間は止まらない」

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月12日OA第90話あらすじ 暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴、賢秀(竜星涼)の出席が危うくなり…

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 「蓮舫氏は公人を辞めるべきだ」 二重国籍解消公表した自民・小野田紀美氏に直撃