堺ガールズバー経営者殺害、地裁に審理差し戻し 高裁、1審判決を「被告への不意打ち」と認定

 堺市のガールズバーで平成25年7月、経営者の暴力団組員の男性=当時(45)=を殺害し、和歌山県日高川町の山中に遺棄したとして、殺人や死体遺棄などの罪に問われた元店員、小松弘隆被告(25)の控訴審判決公判が26日、大阪高裁で開かれた。福崎伸一郎裁判長は訴因変更の手続きをしないで起訴内容と異なる事実認定をした1審和歌山地裁判決を「被告への不意打ち」として破棄、地裁に審理を差し戻した。

 起訴状では小松被告が男性の首を絞めた後、共犯で同店の共同経営者だった岡野浩士被告(35)=高裁で審理中=が最終的に首を絞めて殺害したとされていたが、1審は小松被告が最後に首を絞めたと認定。2人にいずれも懲役14年を言い渡していた。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病