森公美子、蘭寿とむとW主演「カボチャとダンサーが踊っている」

森公美子(左)と蘭寿とむがW主演ミュージカル「天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜」の開幕を翌日に控え、東京・帝国劇場で会見=東京・丸の内
森公美子(左)と蘭寿とむがW主演ミュージカル「天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜」の開幕を翌日に控え、東京・帝国劇場で会見=東京・丸の内

 歌手の森公美子(56)、元宝塚トップスターで女優の蘭寿とむ(40)が21日、東京・帝国劇場でW主演ミュージカル「天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~」(5月22日~6月20日)の会見を行った。

 米の大ヒット映画のミュージカル版。2014年の日本初演で主演した森に加え、新たに蘭寿が仲間入りし、森は「カボチャが踊っているのとダンサーが踊っているくらい違う。蘭寿さんは手足が長くて踊りがキレイ。同じ振り付けでも同じ振り付けに見えないので、ぜひ2回は見てほしいです」とおちゃめにアピール。今回、帝劇デビューとなる蘭寿は「帝劇に初めて立つ喜びをかみしめて超ハッピーに演じたいです」と笑顔を見せた。

 東日本大震災の被災地・仙台市出身の森は初演時の東北公演を振り返って「皆さんに『元気をもらった』といわれ、この仕事をしていてよかったと思った」と涙。来年1月には福岡公演を予定し、「熊本の皆さんにも見ていただき、心の中身温かいものが生まれたら」と意気込んだ。

 また、共演する女優の鳳蘭(70)は今月21日に死去した演出家、蜷川幸雄さんについて語り、「天才。大きな星が流れてしまった。葬儀には稽古で行けませんでしたが、心の中で祈っていました」としんみり。「きっとどこかで見ていてくださる。天の声を言ってくれるかも。上から灰皿が飛んでくるかもしれません」と故人の人柄をにじませながら語った。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」