日本振興銀の木村元会長に5億円支払い命令 東京地裁 整理回収機構の訴え全面容認

 平成22年に経営破綻した日本振興銀行(東京)が行った不当融資により損害を被ったとして、破綻金融機関の債権回収を行う整理回収機構が、融資を承認した木村剛(たけし)・同銀元会長(54)に対し、5億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、東京地裁であった。

 小野寺真也裁判長は「木村元会長は、同銀の資産状況などを良く検討せずに融資を承認した。注意義務違反が成立する」と認定、木村元会長に請求全額となる5億円の支払いを命じた。

 判決によると、同銀は22年3月、経営が悪化していた中小企業保証機構(SMEG)に対し、返済能力などについて十分な調査をしないまま85億円の融資を実行。融資の大半は回収不能になり、同銀は10億5千万円の損害を受けた。

 同機構はほかにも、木村元会長に対し50億円の損害賠償を求めて係争中。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害