山健組本部に手榴弾で報復、元暴力団員に懲役15年求刑

 平成22年、指定暴力団神戸山口組直系山健組の本部事務所(神戸市中央区)前で手榴弾が爆発した事件で、爆発物取締罰則違反(使用)罪などに問われた元暴力団員、佐佐木章雄被告(57)=茨城県北茨城市=の裁判員裁判の論告求刑公判が12日、神戸地裁(長井秀典裁判長)で開かれ、検察側は懲役15年を求刑した。判決公判は17日。

 検察側は論告で「被告は配下組員のトラブルを受け、山健組などに不満を抱いていた」と動機を指摘。「事件直後に知人男性に犯行を告白しており、男性の証言は信用できる。被告が犯人としか考えられない」と断言した。また「一般人を恐怖に陥れるきわめて危険で悪質な犯行で強い非難に値する」と断じた。

 一方、弁護側は弁論で「(佐佐木被告自身は)トラブルによる損失がなく、不満を募らせる事情はない」とし、「知人男性は(別件で)取り調べを受けているときに佐佐木被告の告白を言い出しており、被告を犯人にでっち上げた可能性も否定できず、信用できない」と改めて無罪を主張した。

 論告によると、佐佐木被告は22年11月1日未明、山健組本部事務所前の路上で手榴弾を爆発させ、事務所前の住宅の外壁や窓ガラスを壊したとしている。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  3. 本当にギリギリセーフ? テレ朝・小川彩佳アナブチ切れ 財務次官セクハラ疑惑報道

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【一問一答】渋野日向子は通算9アンダーの3位「すごく悔しい」/全英女子OP