熊本出身の八代亜紀がチャリティー歌謡ショー

被災地への募金箱を手に支援を呼びかけた左から山本リンダ、倍賞千恵子、八代亜紀、あべ静江
被災地への募金箱を手に支援を呼びかけた左から山本リンダ、倍賞千恵子、八代亜紀、あべ静江

 熊本・八代市出身の演歌歌手、八代亜紀(65)が6日、東京・古賀政男音楽博物館けやきホールで開催された「熊本地震被災地支援チャリティー歌謡ショー」に出演した。

 同市に住む親族と毎日、電話で連絡を取っているという八代は「(余震が続いて)怖いと言ってます。ショーをいち早く開催してくれたみなさまには本当に感謝します」と礼を述べた。

 しばらくは東京などで支援活動を続け、「(被災地が)落ち着いたらおじいさん、おばあさんを癒やすために、熊本へ帰りたい」と明かした。

 この日は3公演を行い、54人の歌手が出演。来場者の募金や31人の歌手が出品したオークションの売り上げ全額は、国連友の会を通じて被災地に送られる。

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 【新・親も知らない今どき入試】5大商社に強い大学ランク 独走の慶大、情報化社会で理系人材を求められる東工大