離婚公表の宮沢りえ、特徴的な署名にネット騒然 仲間も宮崎も見た目とギャップ(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

離婚公表の宮沢りえ、特徴的な署名にネット騒然 仲間も宮崎も見た目とギャップ

離婚公表の宮沢りえ、特徴的な署名にネット騒然 仲間も宮崎も見た目とギャップ
離婚公表の宮沢りえ、特徴的な署名にネット騒然 仲間も宮崎も見た目とギャップ
その他の写真を見る (1/2枚)

 自らの離婚を発表した女優、宮沢りえ(42)だが、離婚よりも、ネット上でよりクローズアップされてしまったことがあった。離婚を公表した書面にあった直筆の署名だ。「下手すぎる」とネットが騒然となったのだ。憧れの女優は字も美しくあってほしい。そんな思いが飛び交った形だが、字でがっかりさせた女優は意外といる。

 ネットを揺るがした宮沢の字。パソコンで書かれた書面の下に、直筆の署名がつづられていたが、「宮」はうかんむりと呂のバランスが悪く、「沢」の尺は形が崩れてしまっている。ひらがなの「え」に至っては、そうは読めないほどだ。

 80~90年代に流行ったマンガ文字に近いが、この書面がメディアで公表されると、ネットでは「下手くそすぎる」「40過ぎてあの字は痛い」「達筆な字のイメージだったのに」とがっかりコメントが相次いでいる。

 「世間的には、美人女優は字もきれいというイメージがある。女優は映画やドラマの手紙を書くシーンなどできれいな文面を見たような記憶が残っているのでしょう。それだけに宮沢のケースはギャップが大きかったようです」と芸能プロダクション関係者。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  2. フィリピン生まれの荒篤山が新十両に 日本相撲協会が番付編成会議
  3. 十両8枚目から新入幕を果たした一山本「ちょっとびっくり」 名古屋場所の番付発表
  4. 朝乃山、大きすぎたキャバクラ通いの代償 厳罰!1年間出場停止、大関から一気に三段目降下へ