体操

アテネ五輪団体金の塚原が引退会見「晴れやかな気分」

引退会見を行った塚原直也=16日午後、東京都千代田区(江坂勇始撮影)
引退会見を行った塚原直也=16日午後、東京都千代田区(江坂勇始撮影)

 引退を表明していた2004年アテネ五輪体操男子団体総合金メダリストの塚原直也(朝日生命)が16日、東京都内で会見を行い、「晴れやかな気分。自分の次に冨田(洋之)、内村(航平)とバトンをつなげて体操界に貢献できた。よく頑張れたと思う」と競技人生を振り返った。

 13年に豪州国籍を取得し、リオデジャネイロ五輪を目指していたが、同国の代表選考会で落選。父の光男氏に「東京五輪までに朝日生命体操クラブをもう一度、やり直したい」と再興を託され、朝日生命総監督に就く決断をしたという。

 光男氏の実績と競うようにして日本初の親子金メダリストになった38歳は「父は永遠のライバル。指導者として父を超える勝負はまだ終わらない。体操について知らないことのない指導者になりたい」と挑戦を続けていく決意を示した。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  3. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  4. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」