【スクリーン雑記帖】性奴隷の日本女性ロボットが奉仕するSF「エクス・マキナ」 スター・ウォーズを蹴落としオスカー受賞(1/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

スクリーン雑記帖

性奴隷の日本女性ロボットが奉仕するSF「エクス・マキナ」 スター・ウォーズを蹴落としオスカー受賞

 映画界最大の祭典「第88回アカデミー賞授賞式」が日本時間2月29日に米ハリウッドで盛大に開かれた。レオナルド・ディカプリオが悲願の主演男優賞を受賞し、今回も見どころがてんこ盛りだったが、個人的に最も「へえ」と思ったのが、「視覚効果賞」を受賞した日本未公開作のSF「エクス・マキナ(原題)」だ。英国の独立系映画なのに、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「オデッセイ」といった並みいるライバルたちを蹴落として、オスカー像を手に入れた本作。受賞を機に日本公開を望む声も上がっているが、どんな作品なのか。

 映画は、検索エンジン会社で働くプログラマーのケイレブが社内抽選で1等が当たるところから始まる。景品は、社長のネイサンと別荘で1週間過ごすこと。大自然に囲まれた別荘にヘリコプターでやって来たケイレブは、別荘が実は研究施設で、ネイサンが人工知能(AI)の実用化に成功したことを知る。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言
  2. 青天を衝け、栄一の“浮気”令和3年的にはNG?「許せん」「この時代なら…」
  3. 最新、衆院選「議席予測」 自公273「絶対安定多数」確保へ 立民128、共産17と共闘路線で一定の伸び “短期決戦”自力が勝敗の分かれ目に
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は