「暴力多発」小学校を専門家チームが支援 大阪府教委が異例の取り組み、全国ワーストクラスで対策へ 

大阪府内公立小学校の暴力行為発生件数。年々増加傾向にあり、大阪府教委は発生件数の多い小学校に対し、専門家らによる支援チームの設置に乗り出す
大阪府内公立小学校の暴力行為発生件数。年々増加傾向にあり、大阪府教委は発生件数の多い小学校に対し、専門家らによる支援チームの設置に乗り出す

 大阪府内の公立小学校で児童の暴力行為が急増していることを受け、府教育委員会が平成28年度から、発生件数の多い小学校に専門家らによる支援チームを設置し、本格的な対策に乗り出す方針を固めたことが1日、分かった。府内の暴力行為件数は全国ワーストクラス。家庭・生活環境の変化に加え、教職員の対応も不十分なことが要因とみられ、府教委は、チームが役割分担しながら学校と家庭の双方に目を配る異例の取り組みを進める方針だ。

 府教委によると、2年間で暴力行為の発生件数を半減させ、4年間で千人あたりの件数を全国平均水準に引き下げることを目標とする。現時点では、発生件数が多い12校をチームの設置対象としているが、50校に増やすことも検討している。

 府内の公立小学校(計1001校)の暴力行為件数は、平成23年度は871件だったが、26年度は1905件、27年度も2千件に達する見通し。

 26年度については、千人あたりの発生が4・3件で、全国平均1・7件の2・5倍と深刻化。府内の公立小の約5%にあたる50校で全体の半数を超える1002件が発生している。府教委は発生件数を減らすには、こうした小学校に対する重点的な支援が必要と判断した。

 計画では、発生件数が多い小学校にスクールカウンセラー(SC)とスクールソーシャルワーカー(SSW)を設置する。特に多い小学校には、校長OBらによるアドバイザー、教員を志望する学生らによるキッズメイトも配置し、チーム支援体制を構築する。

 SCやSSWは暴力行為をする児童の保護者と面談し、家庭・生活環境の問題解決などに取り組む。

 アドバイザーは教職員に指導方法を助言。キッズメイトは児童たちが抱える悩みを聞き取るなどして支援する。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月8日OA第49話あらすじ ソロフライト訓練の着陸で舞(福原遥)はまたもセンターラインを外し…

  4. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」大河内教官(吉川晃司)を擁護する声続出「フェイルさせて平気なわけじゃないのが背中でわかる」