軽井沢スキーバス転落

事故の瞬間、記憶なく「なぜ自分が生き残ったのか…」 生き残った乗客を悩ます「サバイバーズ・ギルト」とは

 長野県軽井沢町で15人が死亡したスキーバスの転落事故は、乗員・乗客41人のうち15人が死亡。バス事故としては平成に入って以降、最悪の被害となった。産経新聞の取材に応じた生存者の言葉からは事故の衝撃と、「なぜ自分だけが生き残ってしまったのか」という自責の念が浮かぶ。事故発生から1週間が経過し、事故原因の解明は進んでいるが、生存者たちの心の傷が癒えることはない。

現実に気づいた瞬間、聞こえた「うめき声」

 「気がついたら森の中にいた」。

 バス事故で最後尾の座席に座っていた男子大学生(21)は、事故の瞬間をまったく記憶していない。気がついたら、森に倒れていた。近くにいた人から「携帯を持っていますか」と聞かれ、ポケットから携帯を取り出したのが最初の記憶だ。「なぜ電話が必要なのか、と思った」

 その人は119番に電話をし始め、事故が起きたと気づいた。ふと現実に気づくと、うめき声が周りから聞こえてきた。「ドラマでも見ないような光景。最初は寒かったが、興奮してきたのか寒くなくなってきた」と振り返る。

 同じ大学の友達5人と来ていて、ほかの3人とは事故当時に「大丈夫か、大丈夫か?」と声を掛け合っていたが、土の上に横たわっていた田原寛さん(19)からは返事がなかった。正式に田原さんの死を聞いたのは、事故発生から10時間以上が経過した後だった。

「運転がおかしい」…次の瞬間記憶なし

 この男子大学生同様、生き残った乗客は口々に事故が起きた瞬間について「記憶にない」と話しており、事故の衝撃がうかがい知れる。

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. あすの「ちむどんどん」5月26日OA第34話あらすじ 良子は金吾の求婚を受け入れるが、両家の顔合わせで…

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走