軽井沢スキーバス転落

死亡の運転手はいずれも経歴10年超 「申し訳ない」バス事業者が謝罪

報道陣に対応する、「キースツアー」の福田万吉社長=15日午前、東京都渋谷区(荻窪佳撮影)
報道陣に対応する、「キースツアー」の福田万吉社長=15日午前、東京都渋谷区(荻窪佳撮影)

 長野県軽井沢町のスキーバス転落事故を受け、事故を起こしたバスの事業者「イーエスピー」(東京都羽村市)の山本崇人営業部長は15日、「責任を感じておりますし、ご遺族の方に申し訳ないという気持ちでいっぱいです」と謝罪した。同社によると、死亡した男性運転手2人は、いずれもバス運転手としての経歴は10年を超えていたという。

 死亡したのは社員の勝原恵造さん(57)と契約社員の土屋広さん(65)。勝原さんは平成14年に大型2種免許を取得、26年7月にイーエスピーが採用した。土屋さんは12年に大型2種免許を取得、昨年12月14日に面接を受け、採用されたばかりだった。

 山本部長によると、勝原さんは「お客さんの評判も良く、ご指名をいただくようなドライバー。運転技術もあった」という。一方、土屋さんが同社で運転するのは今回が4、5回目で、「私はまだお会いしていなかったので、どういう方か分からない」と話した。

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 【新・親も知らない今どき入試】5大商社に強い大学ランク 独走の慶大、情報化社会で理系人材を求められる東工大