筒井康隆さん「モナドの領域」 世界の仕組み語るユーモラスな「神」

 「人を笑わせ、ときに感動させる-。読者をびっくりさせてやろうというのが僕の原動力。思い通りに話が進行しているのを自覚しながら書いていくのは楽しいですね、やっぱり」。創作の喜びを語る充実した表情を見ると、また次のおもしろい物語が生まれるのを勝手に期待してしまう。

 【プロフィル】筒井康隆 つつい・やすたか 昭和9年、大阪生まれ。62年に『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、平成元年に「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、12年に『わたしのグランパ』で読売文学賞。『虚人たち』『朝のガスパール』など著書多数。

  1. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  2. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  3. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  4. 佐藤早也伽と岩出玲亜が転倒 佐藤は両ひざから出血/大阪国際女子マラソン

  5. 「罠の戦争」第3話あらすじ 亨(草なぎ剛)は犬飼(本田博太郎)の息子の不祥事隠蔽に事務所の金が使われていたことに気づく

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン