筒井康隆さん「モナドの領域」 世界の仕組み語るユーモラスな「神」

 「宗教的な神様を僕は信じないけれども、その上に世の中を動かしている存在がやっぱりあるんじゃないかと思うんですね。何かの意志がないと、こんなに精緻な世界ができるわけがない。だって人間が今こうやって動いていること自体が不思議でしょ?」

 突然ふって湧いた問題意識ではない。読心能力を持つ美貌の女性が主人公の『エディプスの恋人』(昭和52年刊)では、人間の恋情さえ自在に操る「宇宙意志」の存在を描いている。

 「父親の蔵書や母親の着物を売り飛ばしたり…という不良少年時代があったんですけどね(笑)。だからなのか、これを上にいる神様のようなものが見ていたらどう思う?なんてしょっちゅう考えてましたね。それで神学や哲学を自分なりに勉強してきた。まあ、でもそれからも悪いことはしてましたけど(笑)」

最後の長編?

 本作を載せた『新潮』の昨年10月号は異例の増刷を記録し話題を呼んだ。〈おそらくは最後の長篇〉という本人のツイートも気になるところだ。

 「今までの作品のいろんなものが入っている。『最後の作品』と思うからできることですよね」

 ベストセラー『文学部唯野教授』を連想させるGODの軽薄な語り口は、難解な哲学論議におかしみを生む。淡い恋物語『時をかける少女』に似たセリフも出てきて甘く切ない空気に包まれる瞬間もある。過去の自作、さらには小説そのものへの深い愛に彩られているのも本作の魅力といえる。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月31日OA第83話あらすじ 試作ボルトを持ってライバル企業へ、そこへ荒金(鶴見辰吾)が現れ…

  2. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月1日OA第84話あらすじ 相手の母親に土下座した父を情けないという久留美(山下美月)、貴司(赤楚衛二)は…

  3. 【列島エイリアンズ】ザル検疫編(2) 未接種、陽性者でも入国できる日本のザルっぷり 堀江貴文氏「ウンコみたいな無駄紙」1人で複数の健康カードを入手した外国人も

  4. 「星降る夜に」1月31日OA第3話あらすじ 鈴(吉高由里子)に触れようとする深夜(ディーン・フジオカ)、2人の姿を一星(北村匠海)が目撃し…

  5. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…