新大河・真田丸

主演・堺雅人の恩師、「産経歌壇」選者が語る人物像…「ニコニコの笑顔で難問を突きつける」

 〈手にとらばわが手にをりて啼きもせむそこの小鳥を手にも取らうよ〉

 〈わかきどちをみな子さわぎ出(い)でゆきしあとの湯槽(ゆぶね)にわれと嫗(おうな)ばかり〉

 〈馬の糞(ふん)ひろひながらにこの爺(をじ)のなにか思ふらしひとりごと云ふ〉

 山の樹木や小鳥に対し人に語りかけるように言葉をかけ、旅の道中で会った人びとに強い親しみの情を見せている。牧水は名所旧跡と言われるところはほとんど旅していない。対談で堺雅人は「名所旧跡を巡る旅もいいけど、ただ山が見たい、ただ温泉に入りたいというだけの旅もいい」と言ったが、牧水はまさに普通の山を見、普通の温泉に入って喜べる自足の心をもった歌人だった。

 牧水の歌や紀行文を読むと、日本人の原型を見るような気がする。自然を敬い、他者に礼節を失うことのなかった日本人の庶民の生き方である。野鳥研究家で牧水の友人だった中西悟堂は昭和3年の牧水の追悼文で牧水の笑顔がとりわけ好きで、「あの南国の顔は僕ににこにこと笑ひかけてゐるやうな気がする」と書いたが、それは自然と人間に対し親和の情をつねに持っていたことの自ずからの表情だったのだ。

 今年もまた、社会にとっても個人にとっても厳しく苦しいことが予想される。だからこそ、われわれの祖先が大切にした親愛の情とニコニコの笑顔を忘れない世の中であれ。

      文・伊藤一彦(歌人)

   =連載「新・仕事の周辺」から

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月31日OA第83話あらすじ 試作ボルトを持ってライバル企業へ、そこへ荒金(鶴見辰吾)が現れ…

  2. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月1日OA第84話あらすじ 相手の母親に土下座した父を情けないという久留美(山下美月)、貴司(赤楚衛二)は…

  3. 【列島エイリアンズ】ザル検疫編(2) 未接種、陽性者でも入国できる日本のザルっぷり 堀江貴文氏「ウンコみたいな無駄紙」1人で複数の健康カードを入手した外国人も

  4. 「星降る夜に」1月31日OA第3話あらすじ 鈴(吉高由里子)に触れようとする深夜(ディーン・フジオカ)、2人の姿を一星(北村匠海)が目撃し…

  5. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…