新大河・真田丸

主演・堺雅人の恩師、「産経歌壇」選者が語る人物像…「ニコニコの笑顔で難問を突きつける」

堺雅人の高校時代の恩師、伊藤一彦さん(歌人)
堺雅人の高校時代の恩師、伊藤一彦さん(歌人)

 今年のNHKの大河ドラマは「真田丸」である。真田信繁いわゆる幸村を演じるのは堺雅人だ。彼がいかに役作りにこだわるかについては定評がある。さまざまのイメージのある幸村をどんな人物として演じるか興味深い。その堺雅人がある雑誌のインタビューで幸村を「物事柔和忍辱(にゅうわにんにく)にして強からず。言動少々にして怒り表すことなかり」というキーワードで演じたいと言っていた。これは兄の信幸の幸村評の言葉らしいが、堺雅人流にかみ砕くと「ほんわかしていて優しくて、感情を表に出さず、口数が少なくて、いつもニコニコしていて、でも何か心に秘めたことがある、そんな人物でしょうか」。

 これは堺雅人自身のことではないか。私はそう思った。じつは堺雅人を高校1年生の時から知っている。私が勤めていた宮崎県のある高校の生徒で、私の相談室をよく訪れては鋭く深い問いで私を悩ませた。そんな交流は現在まで続いており、今でも会ったときには難問を突きつけられる。おそろしいような問いをニコニコして出されるから、こちらもニコニコしてごまかすことにしている。

 そんな彼と共著を数年前に出したことがある。『ぼく、牧水!』である。宮崎の生んだ歌人若山牧水についての対談を収めたものだ。牧水は旅を愛した歌人として知られるが、自然と人びととの出会いを楽しむ旅の歌について話題にした。

 〈山に入り雪のなかなる朴の樹に落葉松になにとものを言ふべき〉

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」