揺れる市場

想定外の円高、日本に暗雲も 業績下方修正→投資・賃上げ抑制恐れ

 東京外国為替市場で7日、一時1ドル=117円台まで円高ドル安が進んだ。円高基調が定着すれば、平成28年3月期の業績予想を下方修正する企業が出てくる可能性がある。また、株安も含み益を縮小させるため、上場企業の過去最高益更新を危うくさせる。経営者の心理が冷え込めば、設備投資や賃上げが抑制され、本格的な景気回復が遠のく懸念もある。

 昨年12月の日銀企業短期経済観測調査(短観)で、大企業・製造業の今期想定為替レートは119円40銭(上期実績120円84銭、下期予想118円)で、117円台は下期予想より円高。経営環境を厳しく見積もる国内企業が多い中、短観の想定レートを上回る円高は異例だ。

 三菱ケミカルホールディングスの小林喜光会長は「117円まで円高が進んだのは想定外。一過性であることを願っている」と懸念。トヨタ自動車の豊田章男社長も「急に(生産拠点を)移せないので、為替は安定してほしい」とこぼす。

 SMBC日興証券が昨年11月にまとめた東証1部上場企業の今期の経常利益予想(金融を除く)は、前期比9・4%増の37兆3千億円と過去最高を更新する見通しだったが、下振れる恐れもある。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎

  5. 吉高由里子主演「星降る夜に」第4話あらすじ 春(千葉雄大)に寄り添おうとする一星(北村匠海)、2人は大喧嘩をしてしまう