北朝鮮核実験

東京株終値、182円68銭安の1万8191円32銭 投資家心理冷え込み3日続落

 6日の東京株式市場は、北朝鮮が水爆実験の実施を発表したことで投資家心理が冷え込み、日経平均株価(225種)は終値は182円68銭安の1万8191円32銭だった。3日続落で、下げ幅は一時300円を超えた。外国為替市場で約3カ月ぶりの円高ドル安水準をつけたことも嫌気された。

 5日の米ダウ工業株30種平均が4営業日ぶりに小幅反発した流れを引き継ぎ、平均株価も上昇して始まった。

 だが、中国経済の減速や中東情勢の不安定化に対する警戒感が根強く、次第に売りに押された。さらに水爆実験の実施で東アジア情勢の緊張が高まるとの見方が強まった。

 下げ幅は一時300円を超えたが、その後買い戻される動きが広がった。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月1日OA第84話あらすじ 相手の母親に土下座した父を情けないという久留美(山下美月)、貴司(赤楚衛二)は…