平成28年の株式市場は…申年、相場格言は「騒ぐ」 戦後の成績は「4勝1敗」

 平成28年の干支(えと)は「申(さる)」だ。東京証券取引所や証券会社が集まる東京・兜町に伝わる相場格言では、申年は翌年の酉(とり)年とともに「騒ぐ」となっている。

 昭和24年に東証が再開されて以降、申年は5回(昭和31年、43年、55年、平成4年、16年)あった。その年の年末の日経平均株価の終値と前年末の終値を比べた年間騰落率でみると、申年は平均で10・4%上昇。SMBC日興証券によると、十二支の中では7番目で、ほぼ中位にあたる。

 バブル崩壊後の景気後退期だった平成4年は約26%の下落だったが、残りの4回はいずれも上昇し、戦績は「4勝1敗」。前回の16年は約8%上昇した。

 申年について、SMBC日興証券投資情報部の太田千尋部長は「『騒ぐ』といっても、相場が大荒れになっているわけではなく、にぎやかで、そこそこ堅調という意味」としている。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」