日銀の緩和補強策

東京市場、株と為替は乱高下 急伸後、「不十分」の見方も

 18日の東京株式市場や東京外国為替市場では、日銀が決めた金融緩和の補強策をめぐる解釈が交錯して、乱高下した。日経平均株価の高値と安値の差は886円に達し、円相場も2円近く値動きした。

 決定内容が伝わった直後は前向きな受け止めから平均株価は急伸し、前日比515円高をつけた。だが、内容の精査が進むと、「強化策は不十分だ」との見方から株価は急速に下落し、371円安まで下げ幅を広げた。終値は前日比366円76銭安の1万8986円80銭と、3日ぶりに1万9千円を割り込んだ。

 円相場も荒い値動きとなった。一時1ドル=123円台半ばまで円安ドル高が進んだが、その後は円が急速に買い戻され、1ドル=121円台後半まで上昇した。午後5時現在は前日比63銭円高ドル安の1ドル=121円79~81銭。市場関係者からは「決定内容の評価をめぐって、さまざまな見方が出て、混乱状態となった」との声が聞かれた。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態