TPP

自民党の対策(4)輸出促進 品目別の戦略で市場開拓

 TPPで日本以外の参加11カ国は農林水産物の関税を平均98・5%の品目で撤廃するため、日本にとって輸出拡大の弾みとなる。対策ではコメや牛肉、青果物など品目別に戦略を策定する方針を明記。政府・与党は産地別に支援する従来の輸出促進策から、国内の農林水産業や外食、食品を一体として展開する方針に転換し、オール・ジャパンで市場開拓を目指す。

 牛肉では主な輸出先の米国が15年かけて関税を撤廃する。米国市場で安価な豪州産などとの価格差が縮まり、高品質の「和牛」をブランドとしてアピールする機会が広がる。米国は日本酒の関税を即時撤廃するため、政府・与党は「日本食」の人気を活用して、外食などと連携した売り込みも後押しする。

 政府は平成32年に農林水産物・食品の輸出額1兆円を目指しているが、26年は6117億円にとどまる。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図