政治デスクノート

政界の絶好調男といえば共産党の志位委員長 勢い余って韓国では妄言か…

 朝鮮日報(日本語版)のウェブサイトによると、志位氏は21日、ソウル市内のホテルでインタビューに答え、次のように述べている。やや長くなるが、そのまま引用する。

 「昨年12月の衆議院議員総選挙を分析すると、安倍晋三首相が属する自民党は有権者全体の票の25%しか獲得できなかったにもかかわらず、全議員の4分の3を占めた。一方、最大野党の民主党は、有権者全体の票の23%を獲得しながら、議席は13%にとどまった。1つの選挙区で一人の議員を選出することにより、勝者の独占現象が起こりやすい小選挙区制の下、自民党には支持票が結集した一方、野党側は票が分散したためだ」

 政治に関心のある読者の方なら、すぐにお気づきになると思うが、この発言には重大な誤りがある。先の総選挙で自民党と民主党の得票率が、それぞれ25%と23%というように拮抗した数字であることはありえないからだ。

 念のためデータを調べてみた。

 総務省資料によると、平成26年12月14日執行の第47回衆院議員総選挙の当日有権者数は約1千396万人。届け出政党別の得票数(小選挙区)は自民党が約2546万票で、全有権者数を基数にした得票率は約24%ということになる。一方、民主党の小選挙区の得票数は約1192万票で得票率は約11%。自民党の半分以下だ。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  3. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  4. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…

  5. 台湾に安倍元首相の等身大銅像 24日に除幕式