TPP

肉、魚 価格下落を懸念 農水省、懸念払拭に躍起も農家の不安は増大

 農林水産省は4日開かれた自民党の会合で、大筋合意した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)による国内の畜産や水産物、林業計19品目の影響分析を公表し、輸入関税を大幅に削減する牛・豚肉など15品目で価格下落に懸念を示した。ただ、農家の懸念払拭を狙い大半の品目で影響は「限定的」と説明しながら、中長期的な視点に基づく分析はほとんどなく、党内では一部議員から「楽観的すぎる」と批判が上がった。

 10月29日に公表したコメや小麦など21品目の影響分析と同様、農水省は畜産や水産物でも、ほぼすべての品目で「競争力強化が必要」などと、画一的な表現で対応の必要性を示した。

 例えば牛肉はTPP交渉で関税撤廃の例外を求めた「重要5分野」に含まれるが、現行の関税率38・5%を段階的に削減し、16年目には9%にする。安価な輸入品の流入で影響が懸念される中、今回の分析では「規模拡大や生産コスト削減、品質向上などの国産の優位性の確保が必要」と記すのみで、具体的な対策にまでは踏み込まなかった。

  1. 「ちむどんどん」善一が比嘉家を見放さなかった理由が判明?「スッキリ」と納得 一方「一気に冷める」と落胆の声も

  2. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  3. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 「ちむどんどん」愛(飯豊まりえ)と和彦(宮沢氷魚)のキスを暢子(黒島結菜)が目撃…次週予告に「男女4人夏物語」?