主張

日本ラグビー 奇跡の勝利とは呼ばない

 ラグビーの母国イングランドで開幕したワールドカップ(W杯)の初戦で、日本が南アフリカに逆転勝ちした。

 W杯での日本の勝利は実に24年ぶり、しかも相手は、W杯史上最多3度目の優勝を狙う世界の最強豪国である。

 英紙などは「史上最大の番狂わせ」などと大騒ぎだが、その内容は堂々たる勝利だった。安易に奇跡の勝利とは呼びたくない。

 日本の可能性を改めて示す快挙だった。同時に、スポーツのもたらす本物の興奮、感動を味わわせてくれる名勝負でもあった。

 名将エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチはW杯初戦の相手が南アに決まって以降、どうこの難敵を倒すかだけを考えてきた。リーチ・マイケル主将は勝利後、「このためにやってきた」と冷静に話した。すべては万全の準備と、プランを誠実に実行した選手らの奮闘がもたらした果実である。

 就任以来、ジョーンズ氏が口にし続けたのは「ジャパンウエー(日本流)」の確立だった。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  3. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病