産経抄

9月12日

 朝日新聞の木村伊量(ただかず)社長(当時)が緊急記者会見を開き、東京電力福島第1原発所長だった吉田昌郎さんの聴取結果書「吉田調書」の記事と、慰安婦問題をめぐる一連の誤報について謝罪したのは昨年の9月11日のことだ。政府がそれまで非公開としていた吉田調書を公開した当日夜だった。

 ▼「(吉田調書の記事は)間違った記事と判断した」「(慰安婦報道は)訂正が遅きに失した」。こう頭を下げた木村氏はその2カ月後に引責辞任した。ジャーナリズム史に残る事件であり、朝日新聞にとっては痛恨事だったろう。

 ▼この2つの問題については、それぞれ朝日新聞の第三者委員会が検証して報告書をまとめた。その中で注目を集めたのは、慰安婦報道に対する外交評論家の岡本行夫委員の個別意見だった。岡本氏は朝日新聞独特の社論に沿って「角度をつける」報道を批判したのだ。

 ▼個別意見では、国際大学長の北岡伸一委員も朝日新聞の「自らの主張のために他者の言説を歪曲(わいきょく)ないし貶(おとし)める傾向」を指摘した。安倍内閣の安全保障政策についても「世界中で戦争ができるようにする、という趣旨のレッテルが貼られている」と。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  3. 本当にギリギリセーフ? テレ朝・小川彩佳アナブチ切れ 財務次官セクハラ疑惑報道

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ