主張

改正農協法成立 競争力高める改革を急げ

 全国農業協同組合中央会(JA全中)の権限縮小などを盛り込んだ改正農協法が成立した。

 JA全中を頂点とする画一的な組織運営を改め地域農協の自主性や創意工夫を促す。これにより農業の生産性や競争力を高めるのが狙いだ。

 担い手の高齢化などで衰退する農業を成長産業にするための改革である。農協が本来目指すべき農家の所得向上へ確実につなげねばなるまい。

 そのためにも肝心なのは個々の農協や農家の意識改革だ。大規模な担い手を育て、全国の先進事例を参考にしながら、地域の特色を生かした農産品の生産や販路開拓などを競ってほしい。

 折しも、JA全中は奥野長衛会長による新体制が発足したばかりだ。10月にはJAグループとして3年に1度の全国大会を開き、中期方針を決める。改正法成立と併せ、旧来の農業経営と決別する契機としてもらいたい。

 改正法は、JA全中の力の源泉だった地域農協への監査・指導権をなくすのが柱だ。地域農協の理事の過半数を意欲や能力のある生産者などにすることも定めた。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故