【JR東海社長会見】(3完)防犯カメラは常時録画タイプ、不審者検知機能も検討(2/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

JR東海社長会見

(3完)防犯カメラは常時録画タイプ、不審者検知機能も検討

 《最後は再び防犯カメラの運用や性能についての質問が出た》

 --防犯カメラの運用は

 柘植氏 「常時モニターをみているのは難しい。ただ、いつでもみられる状態で必要に応じてみる。車掌など人の巡回の目でも抑止効果を果たしている」

 --JR東日本は、非常用ボタンを押してから録画する防犯カメラを採用しているが、常時録画するタイプなのはなぜか

 柘植氏 「ボタンを押す前にいろいろなことが起きているかもしれない。常時録画というのが防犯効果は高いと考えた」

 --ソフトウエアで不審な人を検知するような機能がある防犯カメラもある。その採用は考えているか

 柘植氏 「便利で防犯力の高まるものが比較的安価であれば導入していく。今の段階ではそこまで考えていないが」

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言
  2. 最新、衆院選「議席予測」 自公273「絶対安定多数」確保へ 立民128、共産17と共闘路線で一定の伸び “短期決戦”自力が勝敗の分かれ目に