スポーツ異聞

呪われた全米オープン 「リンクス」に非難ごうごう「一番不愉快なトーナメント」の声も

 ゴルフは「人生の縮図」である。我慢と忍耐、順風のときもあるが、長く続かない。6月21日に閉幕したゴルフの全米オープン選手権は開場8年のチェンバーズベイ(米ワシントン州)で開催された。海沿いのリンクスコースで、風に加え、硬くてデコボコのグリーンに起伏の激しいフェアウェーに選手は悩まされた。さらにくつろげるクラブハウスはなく、特設のプレハブで代用。およそ苦虫をかみつぶしたような表情でラウンドし、何かに呪われたかのような印象すらあった。ゴルフの聖地・セントアンドリュースで開催される全英オープンが控える中、「メジャーとは何か?」の議論が噴出しかねない状況だ。

メジャー会場として「失格」の烙印

 ワシントン州といっても東海岸ではなく、西海岸のシアトル北部、人口3万人程度の小さなまちのパブリックコースである。スコットランドから芝を持ち込んで、全英のようなリンクスコースを開設。林間コースでラフを深くするコースで開催されることが多いだけに、選手は想像していた全米とは戦略の立て方が違っていたようだ。

 全米オープンなどメジャー9勝のゲーリー・プレーヤー(南アフリカ)がテレビインタビューに「これまでの人生の中で一番不愉快なトーナメントだ。ここはパブリックコースであり、そんな会場は選手にとってハッピーではない」と疑問を呈したことで、選手の不満もクライマックスに達した。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月18日OA第94話あらすじ 自分の店を諦めようとする暢子(黒島結菜)に、良子(川口春奈)らがある提案を…

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  4. 島田陽子さん逝く…大腸がん闘病3年69歳 ヘアヌードに不倫…清純派から壮絶人生

  5. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー