田中将、サイ・ヤング賞右腕シャーザーに投げ勝ち4勝目

粘投で4勝目を挙げた田中(リョウ薮下撮影)
粘投で4勝目を挙げた田中(リョウ薮下撮影)

 ヤンキースの田中将大投手(26)が9日(日本時間10日)、本拠地ヤンキースタジアムでナショナルズ戦に先発登板し、7回5安打1失点、6奪三振の好投で4勝目(1敗)を挙げた。相手主砲のブライス・ハーパー外野手(22)に同点ソロを被弾したが、スプリッターを中心にした組み立てで、2013年のサイ・ヤング賞の右腕マックス・シャーザー(30)に投げ勝った。試合は6-1だった。

 1点をもらったあとの4回にハーパーに豪打をまざまざと見せつけられた。1ボールからの2球目。低めの直球を中越えに運ばれた。高く打ち上げられた打球は大きな放物線を描き、田中はあ然。リーグトップの20号本塁打となる同点ソロを許した。

 ハーパーは5月の月間MVPを獲得し、現在両リーグを通じて最も好調な左の大砲だ。190センチ、102キロの走攻守三拍子揃った外野手で、2012年に19歳でメジャーデビューした。

 大口叩きとしても有名で、「野球界にはボクのようなスーパースターがもっと必要だ」と公言。マイナー時代には本塁打を放つと相手投手に投げキス。「いつかはヤンキースでプレーして殿堂入りしたい」とも話している。

 しかし、田中は一発を浴びた以外は危なげない投球だった。ハーパーに対しても1回の1打席目は、カッターとスプリッターで両サイドを丁寧について二塁ゴロに打ち取った。

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. 「たばこ吸わない、お酒飲まない…」元KAT―TUN・田中聖の〝奇行と予兆〟 覚醒剤所持の疑いで逮捕 インスタにはタトゥー写真投稿、本人はクリーンさ主張