鷹、今季初4連勝でW奪首!脇役川島が同点適時打&スーパー返球

 川島は0-1の二回にも中堅右への当たりで中継に入り、二走・アンダーソンを本塁で刺していた。さらに打っても、0-1の四回一死満塁で、杉内から左前へ同点打。直後には高谷も右翼線へ決勝の2点二塁打を放った。強力な主軸が目立つソフトバンクだが、7、8番コンビが、しぶとく勝利をたぐりよせた。

 攻守に渡る活躍で、川島はパパとしての面目も保った。昨年7月のヤクルトからのトレード移籍で普段は福岡での単身赴任だが、この日は長男・塁くん(8)と次男・連十(れんと)くん(5)、そして夫人と夫人の両親が観戦に来ていた。「きょうは長男は本当は、通っている野球だったんですけど、雨の影響でグラウンドが悪くて来られたんです」と、ヒーローになったパパははにかんだ。

  1. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  4. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  5. 「辻元、辞めろコール」殺到に立民完全スルー! 「寄付した側のミス」投稿を拡散