スポーツ記念日

もうあり得ない? 日韓共同開催のサッカーW杯開幕(2002年5月31日)

日韓共催、21世紀初のサッカーW杯が華々しく開幕した(2002年05月31日撮影)
日韓共催、21世紀初のサッカーW杯が華々しく開幕した(2002年05月31日撮影)

 4年に1度のサッカーの祭典・ワールドカップ(W杯)が初めてアジアの地で開催されたのは2002年5月31日のこと。日韓共同開催で第17回W杯が開幕した。

 「波乱の大会」と言われた通り、韓国で行われた開幕戦は、前回大会優勝のフランスが初出場のセネガルに敗北。前回チャンピオンが敗れたのは、90年イタリア大会でカメルーンに黒星を喫したアルゼンチン以来だった。

 W杯が日韓共催となった背景には、紆余曲折があった。日本は開催能力に自信を持ち、単独開催を目指してきた。招致をめぐり、日韓で一騎打ちを繰り広げてきたが、1996年5月31日、チューリヒの国際サッカー連盟(FIFA)の本部で、理事の投票を待たずに共同開催が発表された。日本が拒否すれば、W杯の開催は韓国に決まる。日本は、やむを得ず提案を受け入れる形となった。

 2カ国での開催により、大会前に表記をめぐる問題が発生。決勝戦を日本で行うことなどの見返りとして、正式な大会名称は「Korea/Japan」の順としていた。しかし、W杯日本組織委員会(JAWOC)は、日本国内の表記は「日本・韓国」を認めるようFIFAに要請した。これに、韓国側が強く反発。最終的に、日本語は、両国名を入れず「2002年FIFAワールドカップ」とすることで決着した。

 大会は、日韓ともに決勝トーナメントに進出する大躍進。日本は、ベスト8をかけてトルコと対戦したが、0-1で惜敗。一方の韓国は、アジア初のベスト4入りを果たす大健闘を見せた。準決勝では、日本人サポーターが韓国代表を応援する光景もみられた。一方、日本よりも好成績を残した韓国国民にとってはプライドを保つ願ってもない結末になったようだ。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 秋山翔吾、広島入団決定的! 背番号『9』3年総額4億円規模、当初は西武有力も…誠意で心動いた

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」